fc2ブログ
2024/01/12.Fri

9th Kenya ポレポレ日記その⑤

旅も終わりに近づき、快適だったMara Serena Safari Lodgeにお別れをして、
忙しい毎日のゲームドライブの疲れを癒す、2つ目の目的地へ移動です。
マサイマラを朝の6時に出発、
人里を通り、

9thその⑤01

都会を通り、

9thその⑤02

赤道を通過し、

9thその⑤03

9時間かかって到着したのは、
今日から泊まるロッジのレセプションセンター『Aberdare Country Club』。

9thその⑤04

ここで、専属ドライバーSteveといったんバイバイ、
ここからは、このホテルのスタッフと行動を共にします。

専用バスに乗り換えて、
途中、キリンのサンクチュアリに寄ってもらって、

9thその⑤05

もちろん野生ね。

森の中へと進んでいくと見えてきた、今夜からのホテル『The Ark』。

9thその⑤06

建物の外にはゾウのファミリー。
もちろん、野生ね。

9thその⑤07

到着したホテルのロビーフロアの窓から見ると、こんな感じ。
ここでは、一日中、安全なロッジの中から動物たちを観察できるのです。
夜中ももちろん、動物たちが見られるわけで、



この夜は、2頭のゾウがなんだかずっと喧嘩してたよ。
牙のぶつかる音もしっかり聞こえ、見てるこっちがハラハラ。
動物たちにも、きっといろいろあるんだろうねぇ。

夜中にレアな動物がくると、
部屋の枕元にあるブザーが鳴って知らせてくれるシステムで、
ワクワクしながら寝たけれども、
残念ながらこの夜は、レアな皆さんの登場はありませんでした。

夜中かなりの土砂降りでしたが、朝には雨も上がり、
1回だけプランニングしたゲームドライブに出掛けることが出来ました。

風景が、昨日までいたマサイマラとは全然違って、
樹々が生い茂る森の中で、全体的に緑。

9thその⑤11

凛々しいウォーターバックのオス、

9thその⑤12

一瞬姿を現してくれたモリイノシシ、

9thその⑤13

枯れ木のてっぺんに止まるゴマバラワシ。

9thその⑤14

そんな皆さんを眺めながら車はどんどん上に。
ひらけた丘に到着すると、
ひとりのレンジャーが動物と人間それぞれの安全を守るために待機してました。

9thその⑤16レンジャー

やばい、めっちゃカッコいい。

晴れていればMt.Kenyaも見えるはずなのですが、
この季節は雲が掛かることが多く、あいにく見えなかったけれども、
雄大な風景に深呼吸をしてロッジに戻りました。



ロッジでの残された時間は、
ただひたすら、
ロビーやデッキで紅茶を飲みながらのんびりアニマルウォッチング。

泥遊びをするバッファローや、

9thその⑤08

水にアタマを突っ込んで釣りをするエジプトガンを眺めながら、

9thその⑤09

旅の疲れを癒すひとときを過ごしました。

9回目のケニア、
今回は、ナイロビ1泊、マサイマラ5泊、アバデア2泊という旅でした。
またすぐにでも戻りたいアフリカ…。

10回目に向けて、しばらくは日本で出稼ぎ頑張って、
帰省費用稼ぎます(笑)。

このレポートの続きは、
2024年6月16日(日)、
新潟市芸術文化会館りゅーとぴあスタジオAにて、
『風景旋律vol.15』でご覧入れたいと思います。
スタジオに居ながらにして、アフリカ気分を楽しめる、
フルートとピアノのコンサートです。
詳細後日発表!!!
まずはスケジュール帳にチェックしておいてね。



最後にオマケの1枚。
行く先々でフルーツの差し入れを頂き、
しまいにゃ、立ったままかぶりついている野生なワタシで、

9thその⑤15

Tutaonana tena!!!




スポンサーサイト



遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示