fc2ブログ
2024/01/06.Sat

9th Kenya ポレポレ日記その②

新潟ではどんなに朝陽が目に刺さっても、絶対起きないワタシなのに、
ここマサイマラではアラームが鳴る前に目が覚める。
カーテンの向こうが少し明るくなってきたころ、そっと外を眺めると、
美しい朝の空の色の中に輝く金星。
あー、マサイマラに戻ってきた…と、朝から泣きたくなる。
だんだん明るくなるにつれ、動物たちの姿も見えてくる。
窓のすぐ向こうにバッファロー。
静かに静かに草を食(は)んでいる。

9thその②01

そして、ゾウのファミリーも。
これは、マサイマラで初めての朝を迎えるみーねーさんにも見せたい!
前夜、動物の鳴き声響く中、なかなか寝られず、
やっとスヤスヤと眠っているみーねーさんを起こす。

みーねーさん、ゾウいるよー。



感激です。

さあ、私たちも朝ごはんを食べて、
今日はロングドライブに出発です。

ロッジを出てすぐの水たまりに、岩?

9thその②03

いいえ、

9thその②04

カバです。

朝は、動物たちも朝ごはんを食べたり、活動的な時間です。
ゾウ、キリン、シマウマ、ハイエナ、ダチョウ、いつもの面々。
鳥さんたちもたくさんの種類がいて、
カンムリヅル、ヘビクイワシ、ブラックベリーバスターズ…などなど。
こちらは、初めて見たダルマワシ。

9thその②12

そして、ちょうど、ライオンの朝ごはんの現場に遭遇。
びっくりされる方もいると思うので、ちょっと遠巻きの写真を1枚。

9thその②05

同じフレームの中に、向こうではゾウが普通にのんびり歩いていて、
こちらではライオンのファミリーが新鮮なお食事を楽しんでいる。
それを待つハゲコウやハゲワシ。

そして、一番最初に食べ始めるパパライオンは、
気が済むまで食べるとちょっとおさんぽ。
そして、立ち止まってはあくび。

9thその②06

こうやってママライオンが狩ったごちそうを、
パパライオン、ママライオン、こどもライオン、みんなが食べたあと、
ハイエナやジャッカル、ハゲコウたちが更にキレイに食べて、
いつかは白骨になり、小さな鳥の止まり木になったりしながら、
大地に還ってゆく。

9thその②07

そしてその大地に草が育ち、再び動物に獲りこまれて、命はめぐってゆくんだね。

しばらく朝ごはんの風景を見た後は、
昨日通ってきたマラリバー沿いにあるマラトライアングル地帯のゲートまで。

9thその②08

ここで車を降りて、銃を持ったレンジャーに付いてもらってのウォーキングサファリ。
ブッシュを抜けた向こうには、

9thその②09

川っぺりにたくさんのカバ。

9thその②10

ひなたぼっこが気持ちよさそう。

このマラリバーの複数の川岸で、ヌーが川渡りする。
今回の時期は、もうヌーは渡り終わっちゃっているけれど、
前回の8th Kenyaのときは、バッチリ川渡りを見ることが出来たんだよな。
そのときの様子もブログに書いてあるので、
よかったら読んでみてね。

2018アフリカポレポレ日記その3
2018アフリカポレポレ日記その4

さあ、私たちもランチだよ。
ドライバーのスティーブが、ランチエリアにシートがわりのマサイシュカを広げて、
青空レストランを開店してくれました。
その名も、Steve Restaurant!

9thその②11

鳥たちが群がる中でチキンを食べ(笑)、
おなかいっぱいになったあとは、
タンザニアとの国境までドライブ。

9thその②13

パスポートの要らない国境越え(笑)。
△の左がタンザニア、右がケニア。

9thその②14

この国境を示す石碑、新しくなってた!
前に来た時のは、わきっちょでボロボロになって崩れていて、
なんかちょっと切なかったので、写真に撮れなかった…。

この日は、ランチボックス持ってのロングドライブ1本だったので、
ロッジに戻ったあとは夕ご飯までのんびりと休憩。
みーねーさんは日本にお手紙を書いたよ。

9thその②16

だいーーーーーぶ経ってから日本に到着したらしい。

そして、夕ごはんには、ワタシの大好物『ウガリ』があった!

9thその②15

このロッジの食事はすべてビュッフェスタイル。
自分の好きなものを好きなだけ食べられるので、
毎日が天国のようだ。
野菜が美味しい!
お肉が美味しい!
長粒米が美味しい!
つまりは全部美味しい!

9thその②17

その③へつづく。





スポンサーサイト



遠いどこかに… | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示