FC2ブログ
2021/07/23.Fri

マハロをお届けします

8月26日に控えている、年に一度のワタシの大舞台、
ソロコンサート「with many MAHALOS」vol.13。

これからしばしば、フライヤーの連投でうるさくなるかと思いますが、
すみません、許してください。
あと一か月ちょいの辛抱です。

そのフライヤーの裏面、

wmM13ウラ

文字をすべて消去した元の画像がこちらです。

wmM13ウラ元画像

これは、ハワイ島の『マウナ・ケア』山のてっぺん、
富士山よりも高い、4205mの高さから見下ろした雲海です。

ちょこっと顔だしてるのは、『フアラライ』という山、
その裾野に、ワタシがいつも滞在するコーヒーで有名な『コナ』の街があります。

マウナケアの山頂には、世界有数の天文台がいくつもあって、
雲の上という絶好の観測条件で、いろいろな国の望遠鏡が宇宙を見つめています。
日本の「すばる望遠鏡」もここにあります。
ハワイなのに、雪が積もってて寒いです。

で、なんでピアノコンサートのフライヤーにこの画像?となるワケです。

すでに読み疲れたでしょうが、ようやく本題です(笑)。

これまで12回(と、昨年のオンライン)開催してきた年に一度のソロコンサート、
タイトルが「with many MAHALOS」といいます。
MAHALOというのは、ハワイの言葉で「ありがとう」。
ハワイ島にダイビングに通うようになって何年?
行った回数、おそらく30回越え…。
いつもお世話になるダイビングショップのガイドさんが、
帰国前の最後のダイビングのログ(記録書)に、
署名と一緒に「shoko-chan, mamy mahalos!!」って、いつも書いてくれてたんです。

そこからきてます。

いつもご声援くださるお客様へ感謝を込めたコンサート、
「ありがとう」の言葉をタイトルにしました。

このコンサートは、すべての曲を、お客さまに選んでいただいて、
お客さまが主役のコンサートに創り上げています。

普段は、テーマをもってライブやコンサートを作るため、
リクエスト頂いてもお応えしにくいのが現実です(イキバタ除く笑)。
申し訳ないですが、その都度一生懸命練る企画に、
ただ黙ってお付き合い頂く形になります💦。
なので、このコンサートは皆さんにとってもチャンスなんです!
普段我慢して黙ってて下さる分(?!)、
思いっきり、わがまま言ってください(笑)!

リクエストは8月10日まで受け付けております。
曲数によっては全曲お応えすることが厳しいかと思いますが、
皆さんの想いをしっかりと受け止めて、
プログラムを組んで、アレンジして、音を紡ぎます。

どうぞご参加ください。
(コンサートの特設ページはコチラ

と、フライヤーの裏面からご紹介してしまいましたが、
オモテ面は、また次便で。

まだまだこのコンサートネタ、続きます。
すいませんが、ご覚悟を。



スポンサーサイト



ポレポレ日記 | Comments(0)
 | HOME |