FC2ブログ
2021/02/28.Sun

Ladies4@柏崎大盛況でした

楽しい楽しい夜でした。
同い年の女子4人でのチーム「Ladies4」の初ライブ@柏崎に出演してまいりました。

ご来場くださいました皆さん、
会場をご提供くださったKen's Cafeさん、
お手伝いくださった音響スタッフ、受付スタッフのみなさん、
ありがとうございました。

チーム名の「レディス4」ってとこからピンとくる方、
そうですよ、そのあたりの時代をよく知るネンレイの4人組ですよ…。
自称年齢は様々なので、(くみたん言うところの)時空のゆがみがありますが。

20210227終了
(写真は当イベント公式カメラマンさんよりお借りしました)

写真カミテから、
田村優子さん、えのもとくみこさん、阿部真由美さん、
そして3人のボーカルのバックを一手に引き受けさせて頂きますワタクシ川崎祥子です。

優子さん、くみたん、真由美ちゃんそれぞれ、ボーカリストとしてご活躍で、
ワタシはそれぞれお三方と組んでおシゴトさせて頂いているので、
ワタシから見たら同じ年の悩み(笑)を分かち合える「いつものなかよしメンバー」なのですが、
実は、このボーカリスト3人が一同に会し、
ここまで濃密(密、ではないよ)に組むのは初めてのこと。

なんとも贅沢な時間でした。
それぞれに個性があって、
得意とするジャンルに広がりがあって、
正味2時間ほどのライブ中、
ワクワクしっぱなし、指まわしっぱなし、
ラストはウルウルしっぱなしでした。

お客さまからも大変なご好評を頂きまして、
第二弾、第三弾へのお誘いのお言葉を掛けて下さる方もいらして、
まだまだ若手には負けらんねぇー、と、
物忘れひどい中にもこの夜の想いは忘れちゃいかん!と
余韻にひたっている快晴の日曜午後です。

さて、このあとは、しんきゃない宿題があるんだろも、
なにせーばいいんだったっけか…。

はて。

物忘れ。


スポンサーサイト



私のともだち | Comments(0)
2021/02/14.Sun

ワタシにも高校生の頃がありました

高校3年のときに同級生だったMりん。

卒業後はご家族皆さんで新潟を離れてしまって、
それっきり会えないままでいたんだけれど、
まったく接点なさそうな共通の友人が、
驚きのご縁を繋いでくれて、
今日、実に何十何年振りのSNSでの再会をしました。

メッセージをやり取りしながら、
当時のことがあれこれと思い出されて、
大興奮の盛り上がり。

高3のときの席順が、
ワタシの後ろにMりん。
前から回ってくる配布物を、振り返ってMりんに渡そうとすると、
いつもニカって笑ってくれて、
なんていうのかなぁ、青春ってこういうことを言うんだよなぁ、
って思い出がたくさんの友達。

お互いに離れていた長い時間に、
それぞれの生活があって、家族が出来て、
ワタシは家族がいなくなって💦、
別々の日常を過ごしているけれど、
大事な大事な一瞬を共有してきた友達。

このシゴトをしていて、
宣伝のつもりもあって数々のSNSにチョロチョロと情報を発信していると、
思いがけない懐かしい同級生が連絡をくれたりすることがあって、
ワタシもなかなかいい人生を歩んでいるではないか!と、
過去を生きてきた自分に感謝したくなっちゃうんだよね。

それぞれが大人になって、
この年齢ならではのお付き合いの仕方でご縁を繋ぐことが出来て、
嬉しいことがいっぱいだ。

日付変わって今日14日はバレンタインデー。

20210214

昨日もらったチョコ食べながら、
うすい牧場コンサートの脳内シミュレーションしてから寝ます。

大変な地震があったけれど、
みなさんご無事でありますように。


私のともだち | Comments(0)
2016/01/06.Wed

空間の達人

毎回毎回、食べ物の画像ばかりでごめんなさい
今日も懲りずにこのおいしさをご披露。

チョコ補給

夜食代わりの糖分補給です。

どうしても、夜中にパソコンと向き合い、脳ミソをフル回転させるので、
糖分が大切なんです…。
という言い訳の元、今夜のお供は、名店「新宿高野」のフルーツチョコ。
お気に入りのミニ小鉢に入れて、気分よく味わってます。

あ、違う、シゴトしてます。

コレを差し入れてくれたのは、東京に住む友人の渡辺里絵ちゃん。
元々新潟でバリバリ仕事していたのですが、
東京に移住後は、もっとバリバリ仕事して、
とうとう昨年、自分の会社『リーヴリエ』を立ち上げました。
「リーヴ」はフランス語で「夢」、
そして「リエ」は、こちらもフランス語で、
「つなぐ」とか「絆」という意味なんだそうです。
リーヴをリエする里絵ちゃんです。
あ、ちなみに「里絵」ちゃんは、「りえ」ちゃんと読みますよ
新潟と東京での経験を活かして、
ブライダルやイベントのプロデュース、
資格を取ってのテーブルコーディネート…
ステキで思い出に残る空間をプロデュースするお仕事です。

東京住まいなのですが、ちょこちょこと新潟に顔を出してくれ、
時間見つけては会いに来てくれるので、
なんだか、いつも、あんまりお久しぶりぃ~~~!な感じがしない、という

職業柄、お外でのご縁がとっても大事になるお互いの立場、
これからも、元気な笑顔でいきましょう!
東京方面で、ウェディングパーティやイベントでお悩みの方、
どうぞ里絵ちゃんにご相談を!
新潟でも、頼めばなんとかしてくれるかも?!←勝手に言ってみた。

特にここ最近、人とのご縁って大事だなぁ、とつくづく思う機会が多く、
この1月は、とにかく、人と会う!をテーマに、
自分の田畑に、皆さんから助けて頂きながら、種を撒いていきたいと思います。

なんとなく新春にふさわしそうな豪儀な宣言しちゃいましたが、
今年は、ちゃんとした大人に成長できるよう、頑張ります…。

あ、気付いたら、チョコ、ない。

チョコが消えた!


私のともだち | Comments(0)
2015/01/18.Sun

Keiさん、ようこそ新潟へ

朝は青空もチラチラ見えていたのに、
ビックリするほど凍り付く夜となりました。
シゴト終わっての帰路の怖かったこと…ツルンツルンのキョロンキョロンでした。

が、気持ちはホットな一日でした。

朝のブログに書いたとおり、懐かしい方との再会!
嬉しい午後となりました。

お会いしたのは、旅行のプロ、元トラベルプランナーのKeiさん。
ワタシの最初の頃のアフリカ旅行をアシストしてくれた方です。
少ない予算と、少ない知識しかないワタシに、
Kenyaの地でキャンプが出来ることを教えてくれたのはKeiさん。
遠いと思っていたアフリカも、
ちょっとヤル気(?)出せば行けるんだ、と実行させてくれたのもKeiさん。

旅行当日のアテンドではなく、日本オフィスでのサポートでしたが、
Keiさんのおかげで無事に行ってこれた最初のアフリカ旅行が、
ホントにホントに感動的で、
結局7回も(これからも続く予定…)アフリカに渡ることになりました。

今は、当時お世話になっていた旅行会社も店じまいしてしまい、
Keiさんは、旅行を楽しむための人生プランを設計すべく(笑)、
保険会社でお客さまのライフサポートをなさっています。
今日も、仕事がらみの(笑)来県で、東京駅でも買えない、という、
東村山名物の「だいじょぶだァ饅頭」をお土産に持ってきてくれました。

東村山名物!

Keiさんとの出会いがなかったら、
きっとワタシのアフリカへの熱は空回りのまま終わり、
アフリカに行くことが出来てなかったら、
「紅風」も生まれていなかったはずで。

そう、ワタシのオリジナル曲「紅風」は、アフリカで生まれた曲です。
 「紅風」話は、また改めて。

旅に行くと、その準備から帰宅までの間に、たくさんの出会いがあります。
特に一人で海外旅行に行くと、出会いを引き付けるようで、
ダイビングで知り合った友達も日本全国にたくさん。
ワタシの大きな夢のひとつは、
日本全国の、旅で知り合った友人を訪ねて回ること。

もうちょっと大きく言ってもいいなら、
ワタシとイルカのランデブー写真を撮ってくれた今はアメリカにいるRoyや、
アフリカキャンプで守ってくれたMaasai Maraの戦士Amosを探しに行くこと。

の前に、先立つものが必要…

シゴト頑張るぞーーーっ

私のともだち | Comments(0)
2013/12/04.Wed

しほちゃん&ふみこちゃんのこと

新潟の12月とは思えない、すばらしいお天気です。
こんな日が続くといいのになぁ。

そうそう、先日、わが母校「二葉中学校」のお別れ会に参加した話
ブログやらFacebookやらに書きましたが、その後日談。

そのときの内容では、
すぐ隣の席に座ってくれた『後藤先輩』のお話メインでしたが、
同じテーブルには、他にもたくさんの先輩後輩がいらしてまして。
ワタシの左隣はごとうせんぱい、右隣はおとーさん、
そのおとーさんの隣に、実はなんと、イケメンが座ってらっしゃいまして。
明らかに私たちよりずっと若く、
実際お話してみたら、在籍中はまったくかぶってない学年でした。

が!

なんと、そのイケメンさんのお姉さん二人が、ワタシの友達でした!
学年は、一つ下のしほちゃんと、もうちょっと下のふみこちゃん姉妹。
家が近くて(当たり前だね、おんなじ小中学校なんだからね)、
子供の頃なんども遊びに行ったおうちの、
当時まだ生まれたばかりの弟さんだったようです。

ふみこちゃんとは、数年前に、
サックス吹きの友人のリサイタルに行ったとき偶然にも久々にお会いし、
当時とまったくかわらない可愛らしさを持ったママになっていて、
嬉しさと感激でいっぱいになったのを思い出します。

しほちゃんとは、お互い卒業後、実家を離れたこともあり、
まったく会っていなかったのですが、
先日、出席した弟さんからの報告があったようで、
何十年ぶり?かに、「ぞうさん!」と、メッセージを送ってきてくれました。

わははは、当時、ワタシは、ぞうさんと呼ばれていたのだ
史穂ちゃんにだけ、と思うけど。
ワタシは名札に、シャレこいて「ぞう」のバッジを付けていて、
それが印象的だったんでしょうね、史穂ちゃんの中で、ワタシは「ぞうさん」。

そんなすっかりキレイに忘れていた小学生時代を、
思い出させてもらいました。
嬉しい便りがひとつ届いたって感じです。

今、小学生のみなさん、将来、こんなふうに、
毎日連絡を取り合うワケではなくても、
なにかの折に思い出す、大切なともだちをたくさん作ってね。
元気がもらえるよ。




私のともだち | Comments(0)
 | HOME | Next »