fc2ブログ
2024/03/20.Wed

35周年はSkinnystle!~情報その3~

「スキニスル」という単語が、ジワジワと浸透しているようです(笑)。
私の好きにするよ、好き勝手にやらせて頂くよ(そこまで強く言えてない笑)、
と公言しているのに、
ありがたことに、チケット売れ行きが予想以上に進んでおり、
本当に好きにしちゃっていいのか心配になってきております(笑)。

ダイジョブ。
好きにします。

さて。
今回のコンサートは、本当にたくさんの方々から応援頂いております。
ご後援くださっている皆さまの中から、
今日は私の古巣「ヤマハ」さんとのご縁を書かせてください。
長くなるけどかんべね(これ、新潟弁か?ごめんねの意味)。

私が初めて鍵盤楽器を習いに行ったのは、
実はピアノではなくて、ヤマハの電子オルガン「エレクトーン」でした。
そして、初めて演奏に対してのギャラを頂いた楽器もピアノでなくて、エレクトーン。
「エレクトーン」は知名度あり過ぎて、
楽器の種類と思ってらっしゃる方もたくさんいるかと思うのですが、
実はヤマハが出している電子オルガンの商品名なんですね。
ここからは、愛情と敬意を表して「エレクトーン」と呼ばせて頂きます。

こどもの頃、おそらくは親の好みでエレクトーン教室に通い出し、
そこでドハマリしたワタシ。
その頃はピアノに「浮気」することもなく、
ひたすらエレクトーンまっしぐら。
途中、よくありがちなちょっとした挫折なんかも経験しながら、
楽しい時も、苦しい時も、いつでもエレクトーンがそばにありました。
超アナログなレバー式から始まり、モデルチェンジを経て、
自分でなんでもプログラムして無限の可能性を表現できる夢のような楽器に進化しました。

ずっと、「この道で食べていきたい」と密かにメラメラ燃えていた私に、
これからこの世界で食っていくにはピアノも弾けた方がいい、と、
エレクトーンの素晴らしさと合わせてピアノとの両刀使いを教えて込んでくれたのが、
ヤマハ音楽教室の講師をしつつ演奏活動もしていらした私の師匠でした。

ここだけの話、
私は自分のピアノのキャリアにはすごくコンプレックスを感じています。
皆さんがイメージするピアノの最初の基礎、「バイエル」などをやっていないのです。
いわゆるクラシックピアノ演奏法から入っていないのです。
いきなり「コード」を見ながらハーモニーやベースラインを弾いていく、という、
エレクトーンで培った知識と手グセで弾き始めたため、
まっとうにピアノを勉強してきた方から見たら、
あり得ないへんな弾き方をしていると思うのです。

でもね、私は、とあるご相談を下さった方たちには、
おおっぴらには言えないけど、ヒミツでお伝えするセリフがあります。

「こどもに鍵盤楽器を習わせるのに、最初はエレクトーンとピアノとどっちがいいでしょう」

お叱りのお言葉もくるだろうことを覚悟して言いますけれども、

「エレクトーンです」です。

もちろん、クラシック音楽が好きで、
将来も音大を目指したり、
ショパンやモーツァルトを極めたい、などの夢があるならば、
小さいうちから本物のピアノとレッスンで環境を整えていくことが大切と思います。

じゃ、なんで「エレクトーンです」なのか。

音楽が立体的に感じられるようになります。
少なくとも私がそうでした。

進化したエレクトーンは、
10本の指のみならず、
両足、しかも爪先に踵、膝まで独自の使い方をして、
おしりのほんの10cm四方で身体全体を支える腹筋力も必要です(笑)。

文字で書いてもなかなか伝わらないと思いますが、
それだけ身体全部を使うほどの情報量を、
細部まで感じながら演奏をするのです。
これはハッキリ言って、
将来、いろんな楽器とコラボしたり、楽曲をアレンジしたりするのに、
ものすごく役立ちます。
声を大にして言います、ものすごく役立ちます!!!

と、こんだけエレクトーン推しなのに、
私は今、ピアノ弾きになっている…
ヤマハさん、ごめんなさい。

でもね、私のちょっと邪道な(笑)ピアノ奏法には、
こういうバックボーンがあるんですね。

先日、私を育ててくれた古巣、
「ヤマハミュージックリテイリング新潟店」さんに、
ご後援くださったご挨拶に行ってきました。

駅前ヤマハさん

光り輝くエレクトーン「STAGEA」。
私が最後に弾いてたモデルより、色味が少しクールになってますな。
内部もきっと、更に進化してるんだろうな。

オマケに、
私がヤマハさんで講師と演奏の仕事でお世話になっていた初期の頃、
屋外イベントでデモ演してるとこ、一枚公開。

しょーこたぶん23歳くらい

確か、客船が港にきたときのウェルカムイベント演奏。
「エレクトーンのおねえさん」状態。
みんなでお揃いのイベントTシャツ着て、
ヤマハを越えた企画制作会社さんも複数関わるイベント仕事で、
いろんな事を勉強させて頂きました。

そんなこんなで35年、
思い出話は尽きません。

ラストに今日も、このフライヤー。

20240526Skinnystle

ヤマハさんに「後援」のトリを飾って頂いております。



















































買ってね。

お早目にね。


スポンサーサイト



おんがく情報 | Comments(0)
2024/02/15.Thu

あふりかたびのおと@BAR SALON

昨日のブログで、
アフリカ大陸をかたどったナタリーさんデザインの35周年記念ロゴを解説しましたが、
アフリカは35周年に限ったことではないワケで(笑)。

アフリカを愛すしもまち出身のピアノ弾きである私は、
要所要所、アフリカをぶっこんでくるのでございます。

昨年の秋に9回目のケニア旅行に行ってきたお話は、
このブログでも旅行記に書きまして、
皆さまにやでもか(新潟弁?無理やり、の意味)ご覧頂きましたが、
その投稿をご覧下さった方からコンサートの打診がありまして。

嬉しい😭😭😭😭😭

ということで、もう来週に迫ってしまいましたが、ご案内でございます。

20240223あふりかたびのおと

2月23日(金・祝)、三条市本寺小路の素敵なお店『BAR SALON』さんで、
アフリカのお話とピアノをお届けします。
オーナーの岡村さん、これまで何度かライブやイベントでお世話になっており、
ネコちゃんを愛す、(勝手に)広く言うなら動物を愛す、優しいお方です。

ライブは17時から、途中休憩を挟んで18時30分ごろまで、
お時間許す方は、そのあとの懇親会にもご参加頂きますと、
もれなく私のアフリカトークの続きが聞けます(もう充分かもしれんが)。

岡村さんからの詳細はコチラ
↓↓↓

+-+-+-+–+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

アフリカを愛す新潟しもまち出身
"弾きたがりピアニスト川崎祥子"さんの
アフリカたびのトークと心に優しい旋律を皆さん、響有いたしましょう🎶
題して
『川崎祥子ピアノLiveあふりかたびのおと@BAR SALON』‼️

2月23日(金・祝)
open/start 16:45/17:00
1stステージ  17:00〜17:40
休憩タイム
2edステージ  17:50〜18:20

*18:30〜アーティストを交えて懇親会(フードあり)

定員15名様

music チャージ : ¥2,500(1d付)
懇親会参加の方 フード代¥1,000

ご予約 
・BAR SALON 0256-32-4225
・岡村  090-1543-5451

※川崎祥子に直接ご連絡頂いても大丈夫です

+-+-+-+–+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

当日は、目でもお楽しみ頂けるよう、スライド上映もしちゃうよ。
お見せしたい写真がありすぎて、まだ迷ってる…

あふりかたびのおとまだ迷ってる

自分の写真と思い出に浸り過ぎて、
さっぱり作業が進まないけど、
こんな時間も含めて、幸せな音楽人生なんだろうな。

ちなみに後ろの壁に飾っている絵は、
同じくアフリカファン(と勝手に思ってる)の画家さん花森ちひろさんの絵。
アカシアの木の下にシマウマの親子だよ。

本寺小路、新潟市からはちょっと足が…という方もいらっしゃるかと思いますが、
来てよかった!と言って頂ける内容にします!
ぜひご予約お待ちしておりますね。

そして、
アフリカとその写真、と言えば…









































6月16日(日)
『風景旋律』vol.15~サバンナ日和~
@りゅーとぴあスタジオA

開催だよ。


先出情報。
スケジュールに書いといてね。



おんがく情報 | Comments(0)
2024/02/14.Wed

35周年はSkinnystle!~情報その2~

35周年は好きにする!と宣言して、どんどん日が経ってゆきます。
今日の情報は、
これからの一年、チラチラと皆さんのお目に留まるであろう、35周年のロゴのご紹介です。

ナタリー石田さん。

皆さんにとっては、歌い手さん、というイメージが強いかもしれません。
そのとおり、素晴らしい歌い手さんとして、数々のステージでお客さまを魅了し、
私もたびたび共演させて頂いてはウットリと、
そして、なんと、私のオリジナル曲『月夜のブランケット』に歌詞を入れて、
ご自身の渾身のアルバムにも収録してくださった、という、
誰もが認める実力派シンガーさん。

そんなナタリーさん、実はデザイナーさんでもあるのです。
多くのミュージシャンが絡むコンサートの宣材をデザインしたり、
CDのアートワークをなさったり、と、大活躍なのですね。

今回はご多忙のナタリーさんにお願いをして、
35周年ロゴを作って頂きました。

35周年のロゴだよbyナタリー石田さん


『そのロゴを見たらなんとなく川崎祥子を思い出してもらえるようなもの』
というコンセプトから、
『川崎祥子しか思い浮かばないもの』を作って下さいました。

ナタリーさんから頂いたコメントから抜粋したものを、
特別にこっそりご紹介しちゃいますね。

+:-:+:-:+:+:-:+:-:+:+:-:+:-:+:+:

アフリカ大陸がグランドピアノに見えたのと、
マダガスカルがサンダルに見えたのもあり、
~(中略)~
祥子さんがアフリカでグランドピアノを弾いてるときに
ピアノの筐体にアフリカの夕景が映り込んでるイメージで作ってみました。

オレンジ→アフリカ大陸の夕焼け
くすんだ赤→弱肉強食の世界
くすんだ緑→大地に生える草木
濃いカーキ→力強い大地の色

+:-:+:-:+:+:-:+:-:+:+:-:+:-:+:+:

まさに、『アフリカを愛すしもまち出身のピアノ弾き』と名乗る私を表現して下さり、
この文章読んだ瞬間に泣きそうになってしまいました。

アフリカぁ…。

そして、実際にロゴを見て、おおおおおお!!!となり、
ビーサンになったマダガスカルを見てプッとなり

これから、このロゴを使ったグッズなども作って、
皆さんの手に取って頂けるよう仕込みますね。
どうぞお楽しみに!

このロゴを引っ提げて、35周年はSkinnystle(スキニスル)、
皆さんに熱い思いと感謝の気持ちを届けます。

そして、力出し尽くしたら、
10回目のアフリカが、私を呼んでるよ。
ビーサン履いて行ってくるよ。

まずは、次なるお披露目、ポスターのビジュアル、お待ちくださいね。

それまでは、トレイラー見ながらワクワク待っててね。





あとね、

20240414渡六withナタリーさん

ナタリーさんとはライブが決まっておるのです。

そして、企画してくださった渡六菓子店さん、
こちらがまたステキなお店で。
スキニスルとも大いに関係ありまして、
そのお話はまた改めさせて頂きますね。

続報にご期待ください。


おんがく情報 | Comments(1)
2024/02/01.Thu

35周年はSkinnystle!~情報その1~

あっという間に2月になりました。
きっとあっという間に5月がきます。

そろそろ、本腰入れてアピール始めたいと思います。
どうぞ皆さま、5月が終わるまで、お付き合いくださいませ。

幼いころから「けんばんひくひとになりたい」と生意気なことを言っていたコムスメは、
一生頭の上がらない師匠や、
佳き方向へ導いてくれた諸先輩方、
一緒に奏でてきてくれた仲間たち、
いい意味で(笑)プレッシャーを与え続けてくれるかわいい後輩ちゃんたち、
書ききれないほどたくさんの皆さまからの支えがあって、
今日まで音楽でごはんを食べ続けることが出来ております。

気付けば『初ギャラ』から35年。

みなさまへの感謝を、
そして自分への自画自賛(特技)を込めて、
私にとって特別なコンサートを皆さんと一緒に楽しみたいと思います。

これから少しずつ、コンサートの情報を小出しにして参ります。
ぜひぜひ、まずは、スケジュール帳にご記入願います!!!



激レアな写真を使ったトレイラー、YouTubeチャンネルにアップしました。
何度でも見てください(笑)。

タイトルに込めた想い、
35年オリジナルロゴ、
皆さんへのお願い、
などなど、これからご紹介していきますね。
今日のところは、ひとまずここまで。
























































来て~~~~~~~。





おんがく情報 | Comments(0)
2023/12/03.Sun

2023年も師走になっちゃった

今年の師走は、本当にありがたいことに、ヤバい。
仕事量が多い、というよりも、
仕事処理能力が劣化してる、ってことなんだろうなぁ。

目の前に、パソコンとタブレットとスマホ。
3つやり繰りしながら、師走のイベントの準備をあれやこれやとしているワケですが、
月初にはGoogleさんが、いろいろと情報を送ってきてくれて、
ついついそれを見ると、遠い日に目を細めて、そのまま仕事がどっかいっちゃう、
という状況が起こるワケです。

先ほども、こんなんきまして。

ケニアに行ってたんだって

旅の思い出が届くのよね。
はぁ…ホームシック…。

また次回のお里帰りまで、日本での出稼ぎ頑張らないと!
出稼ぎピークのこの師走は、
みなさんとお会い出来るチャンスもたくさん。
12月3日現在の状況をお知らせします。
満席御礼、まだまだ待ってるよ、など、それぞれのイベントの動向チェックして、
ぜひぜひホームシックなワタシに会いにきてね。

12月3日(日)
朗読会のピアノ演奏です。
会場は、村上市情報センターの視聴覚ホール。
『金曜朗読会・優しい時間』のメンバー4名さまの朗読があります。
朗読のあとにミニコンサートでちょこっと演奏させて頂きます。
13時30分開演、ご入場無料でどなたでもご来場頂けます。
演目だけご紹介させて頂きますね。
①窓際のトットちゃん(黒柳徹子作)
②汝、星の如くから「17歳 春」(凪良由作)
③芙蓉の人(新田次郎作)
④利休にたずねよ(山本兼一作)
外は寒い日になりそうですが、ぜひ心温まる朗読の時間に浸りにいらしてくださいね。
ふらりとどうぞ!

12月8日(金)
19時より、ドクター可児さんで『夜コン』です。
残席は…お問合せください!
今回の目玉は、トシちゃん♪

12月10日(日)
新発田市のギャラリー&コミュニティスペースむくげさんで、
KARAKUSAで『キルトジャズ』に出演です。
和ジャズ、ご期待ください!

12月13日(水)
年末恒例のKARAKUSA『歳末大抽選会LIVE』、
残席は…お問合せください…あと1組、なら、お入り頂けるかもしれない…。
お急ぎください!
めっちゃ楽しいよ(自画自賛)。

12月15日(金)
愛着珈琲出湯温泉喫茶室で、
『みずほが語り、祥子が奏でるアフリカ』、
おかげさまで満席御礼です。
ご予約のみなさま、お気を付けていらしてくださいね。
素晴らしい時間をお約束します!!!

12月20日(水)
19時30分より、三条の老舗バー「MONZA」にて、
クリスマスディナーライブです。
ご予約ぜひお待ちしております!

12月23日(土)&24日(日)
ステーキハウスうすい牧場にて、
阿部真由美ちゃんとディナーライブです。
こちら、ご予約のお席は両日とも満席になっておりますが、
当日ご案内出来るお席が若干ご準備ございます。
順番待ち頂くことになるかと思いますが、
後半のお時間には多少の空きが出る気がいたします(お約束は出来ないのですが…)。

12月25日(月)
今年初で、今年ラストの(笑)マサカイデュオ坂井崇人&川崎祥子、
Jazz FLASHにて19時開演です。
まだ若干お席ございます…たぶん。
お早目のご予約お待ちしております。

12月26日(火)
Old Bar MONZA毎月恒例の第4火曜のジャズライブ、
清水桃子&川崎祥子でお送りします。


すべての情報は、
ウェブサイトの12月のインフォでご覧頂くことが出来ますので、
詳細ご確認くださいね。

師走、一緒に走りましょう!
捻挫しないレベルで。

私、今、ホントに走ったら、絶対捻挫します。
というくらい、駆けっこしてない…
走り方忘れてる。
まして、スキップなんて手と足一緒に出ちゃうんじゃないだろうか…。



おんがく情報 | Comments(0)
 | HOME | Next »