FC2ブログ
2021/07/23.Fri

マハロをお届けします

8月26日に控えている、年に一度のワタシの大舞台、
ソロコンサート「with many MAHALOS」vol.13。

これからしばしば、フライヤーの連投でうるさくなるかと思いますが、
すみません、許してください。
あと一か月ちょいの辛抱です。

そのフライヤーの裏面、

wmM13ウラ

文字をすべて消去した元の画像がこちらです。

wmM13ウラ元画像

これは、ハワイ島の『マウナ・ケア』山のてっぺん、
富士山よりも高い、4205mの高さから見下ろした雲海です。

ちょこっと顔だしてるのは、『フアラライ』という山、
その裾野に、ワタシがいつも滞在するコーヒーで有名な『コナ』の街があります。

マウナケアの山頂には、世界有数の天文台がいくつもあって、
雲の上という絶好の観測条件で、いろいろな国の望遠鏡が宇宙を見つめています。
日本の「すばる望遠鏡」もここにあります。
ハワイなのに、雪が積もってて寒いです。

で、なんでピアノコンサートのフライヤーにこの画像?となるワケです。

すでに読み疲れたでしょうが、ようやく本題です(笑)。

これまで12回(と、昨年のオンライン)開催してきた年に一度のソロコンサート、
タイトルが「with many MAHALOS」といいます。
MAHALOというのは、ハワイの言葉で「ありがとう」。
ハワイ島にダイビングに通うようになって何年?
行った回数、おそらく30回越え…。
いつもお世話になるダイビングショップのガイドさんが、
帰国前の最後のダイビングのログ(記録書)に、
署名と一緒に「shoko-chan, mamy mahalos!!」って、いつも書いてくれてたんです。

そこからきてます。

いつもご声援くださるお客様へ感謝を込めたコンサート、
「ありがとう」の言葉をタイトルにしました。

このコンサートは、すべての曲を、お客さまに選んでいただいて、
お客さまが主役のコンサートに創り上げています。

普段は、テーマをもってライブやコンサートを作るため、
リクエスト頂いてもお応えしにくいのが現実です(イキバタ除く笑)。
申し訳ないですが、その都度一生懸命練る企画に、
ただ黙ってお付き合い頂く形になります💦。
なので、このコンサートは皆さんにとってもチャンスなんです!
普段我慢して黙ってて下さる分(?!)、
思いっきり、わがまま言ってください(笑)!

リクエストは8月10日まで受け付けております。
曲数によっては全曲お応えすることが厳しいかと思いますが、
皆さんの想いをしっかりと受け止めて、
プログラムを組んで、アレンジして、音を紡ぎます。

どうぞご参加ください。
(コンサートの特設ページはコチラ

と、フライヤーの裏面からご紹介してしまいましたが、
オモテ面は、また次便で。

まだまだこのコンサートネタ、続きます。
すいませんが、ご覚悟を。



スポンサーサイト



ポレポレ日記 | Comments(0)
2021/07/20.Tue

天然目覚まし

長岡市にある全寮制の高校に社会人入学をしました。
登校初日に、寮の自分に割り当てられた部屋に行ってみると、
やっぱりそれなりの年齢(!)の新入学生だから、なのか、
職員の皆さんと同室で、10名くらいの大部屋でした。

部屋内の自分のスペースを案内されると、
そこは、幅60センチくらい、長さ170センチくらい、
長座布団がちょうど1枚ぴったりと敷かれている範囲でした。
そこでこれから3年間、生活することになるのです。
すぐ隣には、他の方の長座布団があるため、
侵食は出来ません。
もちろん、寝返りも打てません。

でも、同室の皆さん、とってもいい方たちばっかりなんです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆彡

という夢を見ました。

最近、朝日が暑すぎて、
朝になるとベッドの端っこの50センチほどの日影に追い詰められているワタシです。

20210720朝日
※写真はイメージです

これのせいか…。

朝にめっぽう弱いワタシは、
マンション上階なこともあるし、
この季節、カーテン開けて寝るんです。
アラームでは、何度も鳴ってやっとヌボーっと起きる有り様ですが、
この朝日の暑さには、有無を言わさず起こす破壊力があります。
どうぞ皆さんもお試しください。


ポレポレ日記 | Comments(0)
2021/07/20.Tue

そらうみ、そのあとピアノ

いいお天気でした。

というか、まあ、暑すぎ💦
みなさん、熱中症にはご注意くださいね。

今日は、新潟県内数か所で、
パイロット室屋義秀さんによる、
大空をキャンバスにしたニコちゃんマークのご披露がありました。
本当に一瞬で消えてしまう「飛行機雲」でしたが、
素晴らしかった!

2021071900

青空のニコちゃんマーク見て、
なんだかいい気分になって、
そのまま下道でトコトコと、瀬波までドライブ。

今シーズン初の海水。

2021071901

透明度よし。

全身浸かりたい気分をおさえ、
足だけチャプチャプしてきました。

夕方まで瀬波の海岸でのんびりして、
また下道でトコトコ新潟市内に戻り、
日が暮れそうなタイミングでまたもや海岸へ。

今度は、新潟空港すぐとなりの山ノ下公園。

夕暮れ空の中、飛行機が飛んでいく。

2021071902

早くまた飛行機に乗りたいなぁ。

のんびりしたオフでしたが、
宮殿に戻ったあと、
今日のニコちゃんマークを思い出しながら一曲。

20210719smile
川崎祥子Youtubeチャンネル、よかったらおひとつどうぞ。

機材を変えてみたら、
カクカクするのはなくなったんだけれど、
なんだか自分の手がハッキリ映り過ぎて、
血管とか皴とか、怖い💦。
もうちょっとうすぼんやりさせたいんだけれど、
どうやったら出来るのか分からない…。

文明についていけないワタシですけれども、
空の青さと、波の音と、夕暮れの美しさと、
そういうのは、太古の昔から変わらないのよ。
だからね、ワタシは、こんなもんなのよ。
うまく言えないけど。


ポレポレ日記 | Comments(0)
2021/07/10.Sat

4年ぶりのオカリナ発表会

今日の現場はコチラでした。

20210710発表会終わりました

チームEuphorbiaのフルート市橋靖子嬢のオカリナの生徒さんの発表会、
パーカッションの本間美恵子氏と一緒にお手伝いして参りました。

2年に一度の発表会で、これまでもお手伝いさせて頂いておりますが、
会場の改修工事、コロナによる影響があって、延期が重なり、
生徒さんにとっては4年ぶりのステージ。
この1か月間は、それぞれのクラスのレッスン、リハーサルに同席させて頂き、
初心を思い出す、というか、音楽の喜びを改めて感じる貴重な日々となりました。

昨年の今頃は発表会どころか、レッスンすら出来なかったですよね。
誰もが今日をなんとか終えるだけで精いっぱいだった日々が続いていた中で、
レッスン再開のための模索を続けた講師の靖子嬢、
安全に配慮した環境を整えてくれたレッスン会場スタッフのみなさん、
健康管理に努めて仲間と会える日を諦めなかった生徒さんたち、
レッスンや発表会に参加することをバックアップしてくれたそれぞれのご家族、
多くの皆さんのご尽力があって、今日を迎えられたんだと思います。

そして、終演後はこの笑顔!

20210710勢ぞろい
※シャッターの瞬間のみマスクはずしています

お孫さんとおばあちゃんのお二人でのデュオ(拍手喝采でした!)から、
10名を超える大家族のようなチームまで、
どのクラスも気持ちのこもった温かい音が鳴り響いていました。
美しいハーモニーをステージ後方で聞きながらピアノの音を添わせて、
なんかね、じーん…ってきちゃいました。

みんなが待ち望んだこの発表会、
出来ることならばもっともっとたくさんの方たちにこの思いを届けてあげたかったけれど、
この状況の中では、開催出来ただけでもありがたいこと。
2年後にはどなたでもご来場頂けるような世の中に戻っているといいなぁ。

出演された門下生のみなさん、大変お疲れ様でした。
みなさんとの嬉しい再会と「初めまして!」が、
今日のガチな楽譜とのにらめっこの疲れなんか吹き飛ばしてくれます(笑)。

また2年後にお会いしましょう!!!


ポレポレ日記 | Comments(0)
2021/07/03.Sat

粟島行ってきました2021

12年(?)ぶりの粟島でした。
尺八奏者鯨岡徹さんと箏奏者藤崎浩子さんと、
パーカッション奏者平野怜さんと、
ご一緒して参りました。

お天気に恵まれ、というか、
恵まれ過ぎともいえるほどの好天(暑すぎ…とも言う)の中、
晴れ晴れとした心持ちで過ごすことの出来た二泊三日の旅でした。

粟島には小学校と中学校が一つしかありません。
小学生10名、中学生20名の、全校あわせて30名の、
それだけで家族のような、そんな温かな空気の学校です。

心地よく風が吹き抜ける学校の、
なぜかそこだけはちょこっと風さんも通るのを遠慮している体育館で、
午後は子どもたちに向けたアウトリーチコンサート、
夜は島民皆さんにご来場頂いてのコンサートでした。

リハの合間に風を求めて体育館の外を眺めてみると、

2021070102

穏やかな波のような校舎の屋根。
の向こうに見える青空が本当に美しい。

午後のアウトリーチのあとは、海岸に沿った一本道をお散歩。

2021070101

この先にキャンプ場、海水浴場、牧場があって、
シゴト忘れることが出来るなら、どっぷりとハマりそうな、
ワタシごのみの道。

そして、夜のコンサートも、皆さんの温かなご声援を頂きながら、
楽しくにぎやかに終了。

民宿に戻って、共演のメンバーでちょっと遅めの夕ご飯。

2021070103

1年ちょっと前までは当たりまえだった、こんな風景。
なんか、とっても久しぶりに、
音楽仲間と(密は避けつつ)濃密な時間を過ごせた気がします。
本当に嬉しいことです。
開催にご尽力くださった学校関係の皆さま、新潟県文化振興財団の皆さま、
ありがとうございました。

演奏してるとこや、楽器セッティングの写真が一枚もないけど(笑)、
きっと薫風之音さんやパーカッション平野怜くんのどなたかが、
いい写真と記事をアップしてくれることでしょう。
と、他力本願なワタシ。

薫風さんとは久々でしたが、お二人の変わらぬ安定のトークと演奏に、
安心感と信頼感をもって、楽しく演奏させて頂きました。
この環境の中での貴重な機会をありがとうございました。

若さ溢れる(という言い方自体が年寄りクサイ)エネルギーで、
こちら(と薫風さんも同じ年ごろ仲間にしちゃう)に発破をかけてくれた、
パーカッションの平野怜くん、
大きな刺激をありがとう。

ということで、
ちょっと『島』は違うけど、
海風感じる一曲を、今日は訓練しておきました。
安定の(笑)画面カクカクですが、よかったらお楽しみください。
ライブ配信した『島唄』はコチラ

次に島に渡るのはいつかな。
アフターコロナの活動に、楽しみがいっぱい!!!

ポレポレ日記 | Comments(0)
 | HOME | Next »